12702656
[Technicle LEGO] Picture BBS No.3
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

おひさつぶりです 投稿者:水羊羹的な何か 投稿日:2009/06/13(Sat) 23:47 No.1364  

それは戦に負け、敗走する落ち武者を狩るための機体だった。

闇にまぎれ背後から着実に獲物を捕えていく姿からそれにはレイス(死霊)という名がついた。



Re: おひさつぶりです 水羊羹的な何か - 2009/06/13(Sat) 23:55 No.1365  

最近スランプ気味なんで気合い入れずに軽く作ってみました。

すごく今更ですが、一応アーマスカーになってます。

これといって特長がないんでせめて武器ぐらいは変わったものにと作ってみました。

なんかパッとしないけど携帯ギロチンみたいな感じです。

ひもを引っ張ったら歯がしまります。

素早く、しかし着実に相手の息の根を止める、みたいな。



Re: おひさつぶりです 水羊羹的な何か - 2009/06/13(Sat) 23:58 No.1366   HomePage

なんかいつも思うんですが、写真が靄かかったみたいにぼんやりしてますね。

もう少し編集した方がいいのかも……。

あ、そういえばブログ始めましたよーん。

http://haurunkoru.exblog.jp/

システム中心になりそうですが、たまにニクルもうpしていくのでどうぞよろしく><



Re: おひさつぶりです TAN - 2009/06/15(Mon) 15:57 No.1373  

どうも!コメント担当のTANです(^^)/
夏を前にしてまたもや新しい参加者が!
miznoさんが始めて下さった企画とはいえ、息の長い企画になってくれた事を元ネタ担当として嬉しく思います♪

さて、27番目のエントリーとなった作品は、水羊羹的な何かさんの「レイス(死霊)」です。

今回の作品についてご本人は「一応」なんておっしゃってますが、なかなかポイントのある作品になってると思いますよ!
頭部横に配されてるのはセンサーというかスカウターというか?
飾る事無く実用一辺倒的に装備されているのがかえって「落武者を狩る機体」という設定にマッチしていると思います。
写真からは細部は読み取れませんが、ボディ部分は本来のパーツを使う事無く、新規に各パーツを組んで一から組み上げてある様に見えます。
既存に無いラインを目指しつつ、コンパクトさも狙いたいといった着想でしょうか?
特に両肩基部に配されてる円筒パーツが、インダストリアルでメカニカルな雰囲気を出していて良いですね。
こういう意欲的なものを感じさせるパーツ構成は、ビルダーとして見ていると刺激されます(^^)
脚部も詳細は不明ながらも、パーツを上手く組み合わせて合いの良い構造の脚になってる様に見えます。
特に太ももパーツのボールジョイント部分を敢えて使ってない様に見えますが、だとしたらなかなか大胆な構造な訳で、自分はそういうの好きです!
写真のせいか短い脚の様にも見えますが、それはそれで面白いデザインですよね(^^)
スライドギミックのある武器も面白い発想だと思いますが、ブレード部分が先細り的に処理されたパーツなので、ちょっと「ギロチン」というイメージには弱く感じられてしまいます。
ここはスライドレール部分に強く直線があるので、もう少しブレードに幅があり直線的なパーツの方がデザイン的に相性が良いと思いました。
しかしこの武器は是非実際に持ってる状態の全体写真が見たかったところで残念(^_^;)

こちらでは全然気になりませんが、写真がボンヤリしていると感じる様でしたら、まずはデジカメの設定をいじってみるのが良いでしょう。
安いデジカメだと基本的に接写が弱かったりしますし、手ブレ補正は接写に向いていません。
かえって携帯のカメラの方が調子良い事も多いです。
それに背景が白いと光が多過ぎて全体に白っぽくなったりする事があります。
また、手持ちで撮影するとどんなに頑張っても画像に微妙なブレが出てしまい、それがぼやけに感じられてしまう事もあります。
こういった立体物を撮影する時には三脚(2000円くらいで買えます)を使うか、何かでデジカメを載せる台を作ってタイマー撮影にするとブレませんよ。



Re: おひさつぶりです 水羊羹的な何か - 2009/06/17(Wed) 03:41 No.1378   HomePage

あわわ……!長々とレスポンスありがdございますm(__)m

頭部はシンプルに心がけて作ったので、うまく表現が伝わってよかったです。

ボディはリハビリがてらなんで一から作ってみました。
そっちの方が面白かったりもするし・w・

足は最初ボトムズみたいなずっしりしたの作ろうと思ってたので短めです。いつの間にか方向転換してましたが。

ギロチンは確かにちょっと改良の余地がありそうです><
今度作り直してみようと思います。

カメラはそこまで悪いのは使ってないと思うので多分ちょっと手ぶれがあるんだと思います。
三脚あったら便利そうですが三脚買うお金でニクル一つ変えますね><
まあ色々と試行錯誤してみようと思いまっす。



26人目 投稿者:紫陽 投稿日:2009/05/19(Tue) 01:31 No.1355  

今更ではありますが、ガブリエルさんにそそのk……背中を押されてアーマスカー作ってみました。(用語事典には「現在も進行」ってあるけどそうなのかなぁ)

以前作ろうと思案していたときは、本家の大きさもあって悩んで終わりでしたので、今回は割り切って作りました。
自作のボディにヴァキヘッドと組み合わせてみました。
脚部のシルエットなどは本家を意識してみました。
稼働しますが保持しなくて、ろくにポーズが取れなくて元も子もないです。
設定的には、人間の世界に飛ばされたアーマスカーの一人が飛ばされた際に重傷を負ったため、人間の技術でメカニカルな改造を受けたという妄想です。
イメージ的には黒い部分が本体部分で赤い部分はメカ部分なサイボーグです。



Re: 26人目 紫陽 - 2009/05/19(Tue) 01:33 No.1356  

マシンガンを構えてポーズ。
重いですが、銃口部分が開いて粒子砲になります。



Re: 26人目 紫陽 - 2009/05/19(Tue) 01:44 No.1357  

バストショット
頭から作ったのですが、このトサカが決まったので波に乗ることができました。



Re: 26人目 紫陽 - 2009/05/19(Tue) 01:46 No.1358  

背部です、
00ライザーみたいなシルエット(笑)
メカらしからぬ黒いブレードはスラスターですが、設定的には元の次元に帰るための特殊装備です。



Re: 26人目 紫陽 - 2009/05/19(Tue) 01:53 No.1359  

名前忘れていました。
アマースカーでは奇異な存在なので、昔の奇術師からとって「ホーフツィンザー」とでもしましょう。



Re: 26人目 TAN - 2009/05/22(Fri) 09:13 No.1361  

ハァ〜イ☆コメント担当TANでぇす♪
まさかこの期に及んで呼び出されるとは思わなかったわYO!も〜ビックリしちゃったぁ♪
紫陽ちゃんったら全く奥手なんだからぁ〜O・SO・SU・GI・DA・ZO!

…いい加減キショくなってきたのでここら辺りで止めときますが(笑)
しかし本当にビックリしましたね。そう来ましたかそうですか。久しぶり過ぎて結構楽しいです♪
用語辞典の「現在も進行」っていうのはガブリエルさんのこじ付けだと思ってましたが(苦笑)書いてみるもんですね、なんと実現してしまいました。そんな訳でカウント更新されましたよ!
俺マス祭エントリー26番は紫陽さんの作品「ホーフツィンザー」です(^^)

もうなんですかね、言うなれば黄金聖闘士な位置付けじゃないですか紫陽さんって(笑)
御本人がどう思ってらっしゃるかはこの際置いときますが、スタイルがほぼ完全に成立していると思うし、その方向性が僕のものとは全く違うので、こちらから何か言う事自体が愚行と思う訳ですよ。
それでも何か言わないと企画としてカッコつかないと思うので、思い付くまま何やかんや綴ってみる訳ですが(苦笑)

まずはそのスタイル。
いつもの紫陽節が炸裂!といった佇まいは、揺ぎ無い独自のスタイルに裏打ちされた安心感と安定感を感じさせます。
さしづめ安打製造機「ニクル界のイチロー」といったところでしょうか♪
紫陽さんといえばシステムパーツを多用した作風で印象深いですが、今回は左腕と脚部に多く使われているものの全体的にはそう多くはないようです。
なのに、全体の印象がいつもの紫陽さんっぽいのは、前述の通り作風が確立されている所以でしょう。
設定などもご自分のスタイルにテーマを引き寄せた解釈で、紫陽さんというビルダーのぶれないこだわりを感じさせます。

ひと目見て印象というか網膜(笑)に鮮やかに残る真紅のボディが、比喩ではありますがまず「勝ち」といった感じですね♪
もちろんご自分が好きで作ってるという部分もあるでしょうが、長年の経験からの「見せる・魅せる」作り方も発揮されていると思います。
それは例えば、指先までも色配置がコントロールされている点、膝に黒いボールを配して赤味の面積を引き締めてる点等からも見て取れます。
御本人の弁からすると首から下は別個に作られていたとも受け取れますが、そうだとしてもヴァキヘッドを違和感無く組み合わせる構成力はやはりスゴイと言いますか。
本家を意識したという脚部のシルエットはシャープかつ流麗で、本家取りもいいとこです(^_^;)
足先のブレードは如何にも紫陽さんっぽくって、僕には無いセンス。
無骨な印象を受ける左腕のマシンガンは、ちょっと写真のアングルがイマイチなので魅力が伝わり辛く思うので、もっと真横からの構図で見たいところ。
「このパーツとこのパーツを合わせたい」という発想が上手くいった時の「達成感・決め感」はブロック遊びの大きな魅力ですが、バストショットのコメントでの「波に乗る」という言葉は、とてもビルダーらしい表現ですね。
楽しんで作らなきゃというスタンスが感じられるし、ドライヴ感は僕自身のビルドにおいても重要な要素です(^^)

背面のスラスター類の配置バランスも綺麗で、初代タフーのカノイがさりげなく、そして違和感無く同居している構成センスは流石というか、「俺ってサ?こんなとこにこんな事、し・ちゃ・うん・だ・ゼ♪」と余裕たっぷりの遊び心すら感じられます。
この後姿の写真は全体像を掴みやすい事もあって、作品全体のイメージが集約されているというか、各部に配置されたパーツに込められた「イメージ」がビンビン伝わってくる様です。
紫陽さんがこの作品に重ねて見ていた「カッコ良さ」が感じられる気がします。



Re: 26人目 紫陽 - 2009/05/24(Sun) 22:55 No.1362  

TANさん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り「O・SO・SU・GI」(笑)で申し訳ないかぎりです。

>システムパーツを多用した作風〜
今回はメカにはなっていますが、アーマスカーズとシステムの相性というかイメージがどうも一致しなかったのでなるべく抑えました。
がしかしテクニックの整形パーツを多用しているので、本家と離れてしまっていることには変わりないですね(苦笑)
整形パーツをシステムに置きかえるといつもの作風になるかと。

>自分のスタイルにテーマを〜
コンテスト本来の主旨ならば本家に近づけるべきなのでしょう。
恥ずかしい話ですが以前にチャレンジした時、リスペクトとオリジナリティの境界でジタバタして燃え尽きたので設定に逃避しました(苦笑)
参考にしようとブログを見ていると「ぬぉっ!何でこんなにカッコいいんだっ!!」って頭を抱えちゃうんですよ。
>初代タフーのカノイ
アーマスカーの名に恥じぬようにマスクを多用したかったのですが、腿のラクシとご指摘のタフーのものしか組みこめませんでした。
曲面の多いマスクが浮かないように、左右にドライブ状のものなど曲線のあるもので薄めてみました。

カラーリングはベタかもしれませんが、テッパンで狙っていきました。
その分講評いただいたように、配色や締めどころにも気を回したつもりです。
ご指摘いただいたマシンガンを横から。
大きくて無骨ですが、パーツをシンプルに固めたのでドギツイ感じにはならなかったと思いますが…



Re: 26人目 紫陽 - 2009/05/24(Sun) 22:59 No.1363  

ついでで申し訳ないですが、展開した状態です。
ドカンと一発。



告知? 投稿者:鬼軍曹新葉 投稿日:2009/04/26(Sun) 19:22 No.1351   HomePage
どうもこんにちわ、アーマスカー祭り参戦以来の投稿になります新葉です。
受験生活もあってご無沙汰なニクルでしたが、やっと触れるようになって多少ではありますが制作感覚も取り戻せて来たので、祭り板であるココで挨拶がてら、以前紹介した企画の再紹介をしてみようかと思います(別に祭り化したわけでもないのにそういう利用はこの板にふさわしいのか?って疑問は残ったままですがご容赦を…

最近ではニクルの路線もかなりオトナな(笑)カテゴリ化しつつあり、モデルの主流もかなり大柄でマッシブなモデルとなった今日この頃。
初代〜メトロあたりのトーアサイズでさえ「小型」でまかりとおってしまうご時世となった今では、大型や密度あるビルドが長続きしない私としてはこいつぁ参った!

…という私情はさておき。

あえてここで小型、いや、むしろ先ほどの話を踏まえたならば「超小型」といっても過言じゃないカテゴリをもっと熱しようじゃないか!というのが私の企みな訳です。

そこで私が去年の頭ごろから水面下で進めていたのが、知る人ぞ知る小型モデリング企画「NMBS」なのです。
元々自サイトやうちわな範囲、それとShi-Shiさんのサイトの掲示板を利用したりして進めていた企画ですが、あえてそこを「連合の流れがなんぼのもんじゃい!」というアンチ精神(?)でこちらでの告知に踏み切った!てなところですw

求!小型モデリング!



リハビリも兼ねてこんなの作ってま... 鬼軍曹新葉 - 2009/04/26(Sun) 19:37 No.1352   HomePage

一言でいえば「トーアヘッドコネクターを利用した小型」というモノなんですが(いろいろ拙い設定を考えたりもしていますがそちらはサイトを見ていただければ嬉しいです)、ここはひとつ久々に自分で組んだモデルをさらしてみようかと思います。

「ピスハンド」
機動力と白兵戦能力を両立すべく日本で開発された機体。
腕部の超電磁クローと胸部マシンガンのみが主武装ではあるが、白兵戦重視形体「ロングアームスタイル」から機動力重視形体「ロングレッグスタイル」に瞬間移行する事で今までの一般サイズ機では実現できなかった二者の両立を実現。



Re: 告知? 鬼軍曹新葉 - 2009/04/26(Sun) 19:50 No.1353   HomePage

ロングレッグスタイル。
超電磁クローが翼の役割を担う。
又、脚部が回転し、スタビライザーが展開する。


制作動機としては実のところ、ドヤさんから「可変型の小型で」と冗談半分でリクエストされた事がそうなんですが、それはまた別のお話。



Re: 告知? 鬼軍曹新葉 - 2009/04/26(Sun) 19:51 No.1354   HomePage

ついでに、見やすい(?)ロングレッグのフロントも載せておしまいにしますね。



OVER KILL 投稿者:SOME 投稿日:2009/04/02(Thu) 13:25 No.1347  

今回の機体は、夜間の破壊工作専用機となっております。

全身にジャミングオービット(以後JO)を標準装備。
JOは半径500メートル内の電子機器類(T-SUSを除く)
をすべて使用不能にする。

現在の段階ではT-SUSに対するJOは効果はございません
がこれからの研究で何か変わるかもしれません。



Re: OVER KILL SOME - 2009/04/02(Thu) 13:46 No.1348  

ヘンな設定を付けてしまいましたが、
皆さんがマッシュアップしている時
こそこそ作っていました。
こっちを出すべきだったかもしれない。

JOっていうのは体についている赤い奴です



Re: OVER KILL SOME - 2009/04/02(Thu) 13:49 No.1349  

最後にOVER RIDEの改修版



Re: OVER KILL 紫陽 - 2009/04/08(Wed) 22:52 No.1350  

人のT−SUSを見るのは久しぶりです。
明確な頭部を持たないデザインが好みです。(私が把握できていなかったら申しわけないですが)
色も黒で統一されていて、さし色の赤も効果的ですね。

ですが膝の部分でボールジョイントがむき出しなのが気になりました。
拡張性を感じさせている面もありますが、膝のブレードのシャープさ打ち消してしまっているように思えました。

設定はT−SUSとだけ対峙できるような感じですね。



オーバーメタス 投稿者:ガブリエル 投稿日:2009/03/19(Thu) 09:16 No.1339  

2009前期ニタニタ会で作成した作品です。
私はみんなが手を出さなかった白グラトリアン2個と白アゴリで挑戦しました。

無者さんとのトークでケンタウロスの話題が出たこと、
シューターの部品が馬の細い足に見えてきたことで誕生しました。



Re: オーバーメタス ガブリエル - 2009/03/19(Thu) 09:25 No.1340  

パーツ構成的にはかなり地味な白だったので
作る時はとっても苦労していたのを覚えています。

肩の部分でちょい無理ハメしてたり、後ろ足の腿部分のパーツはきちんと止まってなかったり
半ポッチで止まっているところも多数ありますw



Re: オーバーメタス ガブリエル - 2009/03/19(Thu) 09:36 No.1341  

設定としては
メタスが禁断の力に触れて強大な力を手に入れた姿。

なんだか普通な設定でスイマセンw

ちなみに後ろ足と尻尾の三点で立たせることも出来ます。



Re: オーバーメタス 無者 - 2009/03/24(Tue) 09:34 No.1346  

そう、私もケンタウロス型作りたいんです・・・
毎回思うのは、白ってパーツの形が特殊なもの多くね?
パーツ自体が自己主張しすぎ(笑)で活かす・殺すが大変ですよね。
その辺、巧く調理してると思います。

んで、いつも思うのは、シリーズ化できるってスゲーって思う。
俺の場合は作ってる間にモチベーションが落ちるのでちょっとマネできないねw

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -